競馬の調教タイムで重賞の予想をするポイント

TOP
競馬 調教,重賞,ポイント

競馬における調教

競馬において調教というものは競走馬が引退するまで行われるものです。
そして、競馬新聞や競馬専門誌等に記載されている調教タイムというのはあくまでも調教においてのタイムとなります。
どういう調教をこなすかはそれぞれ異なりますし、レースと同じ様なコースで調教される競走馬もいれば、坂路で坂道を走る調教を受ける競走馬もいます。
坂路では5ハロンでのラップタイムが多いですが、コースとなれば3ハロンから6ハロンと変化もあり、どれくらい追うかも違うので一概に調教のタイムが良いから状態が良いとは言い切れないものとなっています。
しかし、調教で良いタイムを出しているのであれば、競走馬はレースモードになっていると言えるので、扱いの難しい情報でもあるとも言えるわけです。

調教タイムを予想に利用するには

競馬で中堅やベテランの方には調教タイムを活用している方も結構います。
中には調教タイムだけで予想を組む人もいますし、それで勝てている方というのも多数存在しています。
そういった方は調教タイムをどう扱っているのかという事になりますが、競走馬がレース前に行う調教というのはある程度決まってくるという傾向を利用している方が多いというのが特徴になります。
例えば前走の出走前の調教と今回の出走前の調教が同じコース、距離で行われているのであれば、タイムが縮まっているのであれば力をつけていると言え、逆にタイムが遅くなっているのであれば仕上がっていない可能性もあるという事になります。
重要視される傾向にあるのは最後の1ハロンのタイム、全体のタイムですが折り合いの悪い馬についてはラップタイムという1ハロンを同じ間隔で走るタイムも注目したいところです。

調教タイムを重賞の予想に活かす

競馬の重賞レースではよく調教のタイムが取り上げられます。
競走馬にも色々なタイプがいて、調教では走らなかったりする競走馬もいますが、前走や前々走と比較する事でその進化等をある程度見極める事は出来ますし、どこまで仕上げてきているのか、陣営の本気度を伺う事も出来るわけです。
また、調教を変えたりした場合には一変の可能性もあるので、注意するべき競走馬が見えてくる場合もあります。
調教というものはあくまでも参考であり、その実、とても奥深いものだという事が言え、そこを積み重ねる事で競馬で勝つ事、勝率を上げる事も夢ではなくなる事があるわけです。

芝ダート、距離別重賞予想はこちら

条件別重賞予想はこちら

競馬で勝ちたい人は必見です[PR]

競馬の知識