競馬の重賞予想のポイント[重賞のメリット]

TOP
競馬 重賞,ポイント,予想

競馬での重賞のメリット

競馬で注目を集める重賞競走には大きなメリットが存在します。
まず、重賞競走は注目度が高いため馬券を購入する人の割合も必然的に多くなります。
売上から主催であるJRAの取り分を引いた金額を的中者で分けるシステムである競馬では、馬券の購入者数が増えると的中した際の取り分もより大きくなりやすい傾向が表れてきます。
特に有馬記念や日本ダービー等は馬券の購入者も多く、本命で決まった場合はそうでもありませんが、ちょっとでも荒れると配当が大きくなる傾向にあります。
また、重賞競走はある程度のレース実績、獲得賞金の実績が必要になるので、それだけ競走馬の過去のレースを基準に判断する事も出来、情報もまた多く飛び交う様になります。

重賞の大きなメリットとしてこの購入者が多い事で払戻金が大きくなりやすい事、情報量が多く予想をしやすい事が基本としてあります。

重賞競走の予想のポイント

重賞競走の予想のポイントとしてはコースや距離、ハンデ等の条件によっても変わります。
条件等については別項で紹介しますが、全体としてみてのポイントというものもあります。
まず、そのレースを目標にしてきているのか、それともステップレースとして出走してきているのかを確認しましょう。

競馬にはトライアルレースというものもあり、その先にG1等の大きなレースがあります。
また、競走馬はぶっつけ本番よりも1度レースをさせてから仕上げていく方が良いという事もあります。
例外として「鉄砲」と言われるぶっつけ本番でも力を出せる競走馬もいますが、やはり「叩き良化型」と言われる様に一叩きした方が良い結果を生みやすい競走馬も多いのです。
大きなレースでは出走登録をしても、まず優先出走権、その後に獲得賞金順に出走可能となるので、獲得賞金が少ないので出走出来るか微妙、もしくは着順によって得る事が出来る優先出走権をとらなければ出走が難しいといった競走馬はより仕上げて出走してきます。
逆に賞金を稼げている競走馬はトライアルレースはあくまで試金石として使ってくる場合もあります。
もちろん勝てれば賞金を稼げるわけですから勝ちに来ないわけではありませんが、目標となる先のレースを見据えて無理をしないレース運びをする可能性は高く、仕上げも8分程度に場合が多いので、どういう臨戦過程なのか、しっかりと確認する事がポイントの一つとなります。

重賞競走では競走馬の特徴を見る

重賞競走で見るもう一つのポイントは、昇級してきた競走馬です。
昇級してきた競走馬は力が十分な競走馬とそうではない競走馬に分けられます。
古馬になってから能力開花する競走馬等も多く、急に勝ちだす競走馬も結構いるので前走のチェックは入念にしたいところです。
また、極端にコースの相性が良かったり特定の距離だけめっぽう強い競走馬もいます。
短距離と言っても1000mと1200m、1400mでは大きく変わり、1000m、1400mではダメでも1200mでは勝つ競走馬というのもいます。
コースでも中山では好走したり、ローカルの小回りの競馬場では強いという様に急な坂道を苦にしなかったり、小さいコーナーを上手に曲がったり短い直線の方が向いているという競走馬もいます。
そのコースに向いてそうな競走馬を探す事も1つのポイントとなるわけです。

芝ダート、距離別重賞予想はこちら

条件別重賞予想はこちら

競馬で勝ちたい人は必見です[PR]

競馬の知識