競馬新聞の重賞予想のおすすめ

TOP
競馬新聞,重賞,おすすめ

競馬新聞の重賞レース

重賞レースは競馬好きにとっては一つのメインレースになる事も多いものです。
重賞レースだけ馬券を買うという人も多く、馬券を買う人が多ければ多いほど払い戻しも多くなりやすい傾向にもあるので、そういった観点からも重賞レースはとりたいところでもあります。
当然、競馬新聞でも重賞レースの扱いは大きく、有力馬の情報もまた多く記載されています。
しかしその情報は競馬新聞、または同じ新聞内でも取材した記者によって変わり、どの予想を信じて買えばいいのかもわからなくなってしまう程でもあります。

競馬新聞の実力

競馬新聞はやはり取材しているだけあって説得力のあるものが多いですが、実際にどの競馬新聞が良いとは言えないというのもまた現状だったりします。
というのもどの競馬新聞も的中したりしなかったりと波がありますし、どの競馬新聞が良いという優劣は中々つけづらいものがあります。
行き着くところ、全ての競馬新聞の情報を取り入れてその中から馬を選択していくのが一番良いのではないかと思いますが、それがオッズに反映されているというのが今の競馬の傾向でもあります。
では競馬新聞ではどこを見るのかと言う事になりますが、メディアは性質良いものを打ち出す傾向にあり、素質馬や実績上位の馬は印を多くもらうものです。
また、繋がりも大切にするでしょうから、完全な取材の結果が反映されているという事はないのではないかとも思われます。 しかし、調教や追切のタイムというものは数値である以上はまた別のものです。
レース実績と調教タイムという明確となっているもの、その情報も多彩なものが競馬新聞であり、重賞レースではその情報もまた多く記載されているので、まずはそこから着目していくというものが競馬新聞から得る事の出来る有益な情報の一つと言えるのではないかと思われます。

競馬新聞の評価

競馬新聞では当然ですが前述した調教タイムも評価に入った上でのものとなりますが、それでも実績重視である事が多いものです。
しかし競馬では実績はなくても勝つ馬は多くいますし、だからこその「競馬は何が起こるかわからない」という格言が成り立っているとも言えます。
多くの人、多くのメディアは実績を無視出来ませんし、それは発信する側にとっては当然でもあり仕方のない事です。
ただ、馬券を買う側にとっては何を買おうが勝手であり、大穴を本命にする事も可能です。

競馬新聞や競馬専門誌もただ本命や素質馬に印を打っているわけではなく、そういった馬に「注」や「△」といった印を打っており、それが一つの目安になる事も多くあります。
実績はなくても一発はあるかもと感じた馬にそういった印を回している事も多いわけです。
いかにそこを見抜けるか、そして見抜けた時には高額配当の万馬券という事もあるので、調教タイムや評価、コース適性等と照らし合わせ穴馬や大穴を見つける事、その可能性を見出す一つのメディアが競馬新聞であり、その情報料が多いのが重賞レースでもあるという事です。

芝ダート、距離別重賞予想はこちら

条件別重賞予想はこちら

競馬で勝ちたい人は必見です[PR]

競馬の知識