競馬の芝短距離重賞の特徴の予想のポイント

TOP
競馬 重賞,芝短距離,ポイント

短距離馬の特徴

短距離はスプリントと呼ばれ、1000m~1400mを差し、この範囲のレースをメインに使っている馬をスプリンターとも言います。
短距離馬の特徴は、馬体に大きく表れています。
極端に言えば、短距離馬の馬体は筋肉質な身体をしています。
特徴としての見分け方としては、首が長距離馬に比べ短く、前脚の付け根の筋肉が発達しています。
その筋肉によって瞬間的な力を発揮しその力を持続させており、この体型が短距離向きの体型となっています。
人間で例えれば、短距離の選手が筋肉が大きいのに対し、長距離の選手は細身なのと同様に、瞬発力を発揮して維持させる事が出来るかどうか、という事になってくるわけです。
また、脚の太さ、長さは太くて短い方がより短距離向きになる傾向にあります。

芝短距離重賞競走の特徴

芝短距離の特徴は何と言ってもそのスピードです。
スピードが特徴という事で、数多くあるレース形態の中でも馬の能力に影響しやすいレースだと言えます。
ただし、距離が短い分、一つのミスが命取りになりやすいレースでもあり、例えばコーナーで膨らんでしまったり、馬群に囲まれたりする場合はそれだけ負けてしまう事も多々あります。
短距離はスピード勝負となる為比較的馬群が固まったままコーナーから直線に入る傾向にあるので、内枠でロスなく進んでいっても外からかぶせられて前に出せなければ終わってしまうわけです。
いかにミスなくゴールまで走りきれるか、競馬の本質の部分が最も色濃いのが特徴でありポイントにもなります。

芝短距離重賞競走の予想ポイント

芝短距離重賞競走の予想では、その競走馬の能力から見る予想が基本になります。
いかに早く走れるか、日本の競馬形態で最もその傾向が強いので、ある程度は能力からの予想を立て、その上で枠と騎手、そして脚質からの予想を立てていくのがポイントです。
差し馬で内枠だった場合は囲まれて前に出せない事もありますが、先行馬で内枠であればそこまで気にする必要がない場合もあります。
また、ゲートが苦手、スタートが苦手な馬もスタートが敗因になりかねないので注意です。
ただ、少々の不利があっても問題ないくらい能力が抜けているのであれば能力は信頼しても良いと思います。
騎手はいかにミスなく騎乗するかという部分が強いので、騎手は経験豊富なベテランの騎手か短距離での成績の良い騎手、トップジョッキーといったある程度信頼出来る騎手が騎乗している能力の高い馬を軸にしていければ理想です。

芝ダート、距離別重賞予想はこちら

条件別重賞予想はこちら

競馬で勝ちたい人は必見です[PR]

競馬の知識