競馬騎手の騎乗技術は重賞レースにこそ発揮される

TOP
競馬騎手,重賞,騎乗技術

競馬騎手の重賞レースでの騎乗

競馬騎手は重賞レース、特に格の高いG1レースともなればその影響も大きく変わってきます。
ただ、それは重賞レースでは無いレースで手を抜いているという事ではなく、競馬の質が変わるという事を意味しています。
重賞レースというのは目標とされるレースであり、馬主は重賞に勝つ事も目標としていますし、調教師はそのレースで勝つ為に馬を仕上げ、騎手はその仕上げに応える事になります。
怪我は常に避けたいものですが目標とするレースの前走となるレース、叩き台で使うレースでは特に怪我はさせたくないですし、レースの疲れが残ったり馬体の状態が悪くなる様なレースは出来るだけ避けたいものです。
その違いがレース展開に表れ、コーナー等での馬同士の密集度は高まり展開一つで勝てないレースになってしまう事も多々あります。
能力では勝てるレースであるにも関わらず展開で負ける様な事は避けたい、だからこそ騎乗技術の高い騎手に任せたいものですし、だからこそ重賞レースではベテランの騎手に乗り替わる事も多くなるわけです。

重賞レースでの騎手選び

重賞レースでは若手騎手が勝つ事はあまりありません。
それは前述の様な理由で騎乗依頼がない事に加え、例え出走したとしても、やはり経験面での差が埋まりきっていないという事もあります。
ただ、それでも若手騎手の台頭がないわけではありませんし、その傾向は近年高まっている傾向にありますが、やはりベテラン騎手や実績のある騎手には中々勝てていないというのも現状です。
それだけベテラン騎手の騎乗技術や駆け引き、仕掛けというのは優れているという事が言えるでしょう。
ただ、それでも得手不得手というものもあり、競走馬の能力やその得手不得手まで加味していく事もポイントとなってきます。
例えば人気馬に若手騎手が乗っている場合には多少の割引をしたり、逆に得意なコースでそこそこの人気馬に騎乗しているベテラン騎手や実力、実績上位騎手はその腕を加味していく事も効果的な馬券予想です。
ただ、逆に中堅で実績を積んできている騎手や調子の良い騎手でも、必要以上に人気にならないのであれば狙ってみるのもありで、有名な騎手や人気のある騎手はそれだけ人気を必要以上に集めてしまうので、高配当狙いで狙ってみるのも面白い戦略でもあります。

穴馬券狙いでの騎手選び

リーディングを争っている様な騎手については実力もありある程度の結果を出してくれますが、それでは中々穴馬券を狙いにくくもあります。
ある程度の実力がある騎手、その上で能力で勝てる競走馬に騎乗している馬ではオッズがそこまで低くない場合が結構あります。
そんな競走馬を見つけていく事が一つの穴馬券狙いのセオリーと言えます。
また、別の手段として減量騎手を狙うというのも一つの手段であり、それだけでハンデをもらっているので1着はなくても相手候補として効果的な万馬券の演出をしてくれる事もあります。
騎手という側面からだけでは馬券予想は難しいものもありますが、見ていけばいく程、騎手の特徴というものも面白いものがあるので一度意識して馬券予想をしてみるのも良いのではないでしょうか。

芝ダート、距離別重賞予想はこちら

条件別重賞予想はこちら

競馬で勝ちたい人は必見です[PR]

競馬の知識